住宅設備リース

今すぐ相談

月々のお支払い(リース)で最新の住宅設備が利用でき、
お客さま自身が購入した場合よりもさまざまなメリットがあります。

リースの概要

概要(一般設備機器)

リース対象物件
風呂給湯器、給湯器、コンビネーションレンジ、ビルトインコンロ、食器洗い洗浄機、ガス衣類乾燥機、
電気エアコン等及び標準取付費
リース契約対象者
賃貸住宅オーナーの方(個人、法人どちらでも可)との棟ごとまたは全戸まとめての契約、
あるいはリース物件を事業用(事務所、家などに設置)利用される事業主との契約になります。
リース期間
4〜10年。※原則として中途解約はできません。(機種等により上限があります)
リース期間満了の
取扱い
新規入替による新契約の締結もしくは1年期間延長による再リースをおすすめします。
※再リースの料金は、当初契約料金の約1/12となります。
※但し、再リース時のメンテナンスは含まれていません。
リース契約
リース契約はオーナーさまと、京葉住設で結ばさせていただきます。

ご用意いただく書類等

個人の場合
  • ・ご契約者の納税証明書、源泉徴収票、確定申告書のいづれかの写し。
  • ・ご契約者とは、生計が別の方の連帯保証(連帯保証人様が必要な場合)。
  • ・連帯保証人様の納税証明書、源泉徴収票、確定申告書のいづれかの写し。
  • ・その他京葉住設がお願いする書類。
法人の場合
  • ・営業報告書、賃借対照表、損益計算書などの決算書類。
  • ・なお、代表者の方には連帯保証していただきます。
  • ・その他京葉住設がお願いする書類。

ご契約上のご注意

リース対象には、ご紹介している対象機器のほか、標準取付費も含みます。
また、無償修理が受けられるメンテナンスサービスの範囲には、故意・過失・地震や水害等による故障、並びに消耗品交換は含みません。これらは有償修理となりますのでご注意ください。

契約変更・中途解約について

リース期間中は、原則として中途解約や機種変更、契約条件の変更などはできません。やむを得ず解約される場合は、機器をご返却いただくとともに、残存リース料相当額をお支払いいただくことになりますので、あらかじめご承知おきください。

リース期間が満了になったとき

リース期間が満了となった場合でも、機器はお客さまのものとはなりません。

書類審査について

リースお申込みに当たっては、上記の必要書類の提出をお願いします。書類審査の結果、リースのお取引きをお断りさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

ページの先頭へ